カラミざかりネタバレ無料。同級生男女4名で初体験を一緒にしてもたった一人切無く

カラミざかりネタバレご意見・ご感想

ありふれたクラスメイトだけでしかいなかった男の子2人と女の子2人。
いつもなら授業である程度しゃべるくらいのつき合いだったけど、初体験に興味深々な女子の無茶ぶりのせいで、立ち乱れての乱交がスタートし・・・

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

 

カラミざかり

 

ともかくいつもからヤリたいと口に出しまくる野球部でぼうず頭の吉野貴史。

 

これを耳にすることが、とりわけ興味がない山岸高成だったのです。

 

この高成はクラスメイトの飯田里帆が好意があったのですがまともに話し掛けられもしなくて、貴史にアドバイスされた里帆と似たAV女優で夜な夜な抜いていたのです。

 

しかしながら里帆も、2人がわたし似のAV女優でガタガタ言っているのを友人の新山智乃に教えてもらって、自分自身にうりふたつの女性があえいでいるのを観つつオナニーしたのです。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

そのようなことがありましてから、高成は里帆と自然に2人きりとなって、成り行きから夏季休暇に4人で楽しく遊ぼうと誘えるタイミングをゲットしたけれど、いやはや度胸を出し切れずにつき合いは進行しないまま。

 

 

しかしながら男女同一のプールの教科からでは、貴史がズバズバと女子のビキニ姿を視姦したりしておっぱいのデカさをチェックしているとなりであわせてチェックし、里帆の胸と股間にはとりわけ眼を凝らし、授業中だというのにムクムク起動しちゃうことになるのでした。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

その日の放課後、キズが治りかけで今でも帰宅部状況であった貴史と家に帰っていますと、智乃と里帆が追い掛けてきたのです。

 

 

そうしていつものことながら貴史がいやらしい発言しているところをおちょくってくる智乃が、きょう、貴史がお話にだしたばっかりのオナホを見せて欲しいと言い始めた。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

貴史はあこがれの野球部マネージャーにバラすと伝えられ、しょうがなくおうちにお呼びした。

 

アグレッシブに貴史のルームでさえ上がりこんだ智乃は男子がここから用いるつもりだったオナホをちゃんと見させてもらい触り心地さえもチェックしてみると、その次は利用するところを見させて欲しいと言ってきた。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

 

ということでゴリ押しでお願いをしてくるから、もとよりでかくしないとフィットしないしこのようなケースで興奮というものは出来ないと口にした。

 

 

そういった時、智乃のビキニ姿で観たおっぱいもすごくデカくいやらしかったことを回想し、オカズとなって手コキしてもらったら見せてあげると言い放った。

 

 

さすがに観念させるギャグだったけど、智乃はいきなり表情を真赤にしつつ「良いよ」と答え、スカートをまくり上げて見せたのでした。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

けれども貴史はパンツとおちんちんではつり合わないから完全に見せろと交渉をして見る。

 

 

そうすると智乃は横に動かしてそっと見せたから、貴史もすでにフルに勃起されているチンチンを引き出した。

 

 

はじめて男子の生勃起をみたらしい智乃が活用法を質問するから、貴史はローションをあげてオナホのなかをぬめらせてから、いよいよクラスメイト女子のオナホ手コキを初トライ。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

ちょこっときつくつかんでと言って、屈んで見えなくなってくれたおまんこに代わって胸を揉みたいと言ったら、その点も恥ずかしがりつつ「良いよ」といってもらえる。

 

 

まずはブラ越し、しかし乳首にタッチしるとカワイイ声をお聞かせくれたため耐え切れず、ボタンを外してじかに生乳を揉みはじめた。

 

 

さきほど迄ありふれたクラスメイトではあった2人は、大親友の2人にじっくり見られれつつ手コキとペッティングをし合って、貴史は射精された。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

しかしそれでは終了せず、精液とローションに塗れた半勃起チンチンをご覧になった智乃は床面が汚れないよう、お掃除フェラさえもおこなったのだったのです。

 

 

表情を真赤にしつついまだに強気な愛想を崩さない智乃の舌に自分自身の精液が絡み付いているし、初フェラが気持ち良過ぎる貴史はさらに再燃し、彼女をベッドに押し倒した。

 

 

手コキと手マンとベロチューのくちゅくちゅといったエッチなサウンドがこだましていく。

 

 

貴史がテーブルの引き出しからゴムをとるために立った時、里帆はそそり立ちますチンチンに夢中となった。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

貴史は2人に閲覧している事態にふたたび勘づいて恥ずかしさがこみ上げるがもうすでに止まらず、智乃のまんこにじっくり注入した。

 

 

互いにこいつが初体験でありました。

 

 

高成はずっと勃起が治まらず、里帆はスカートの上から現在まで股間を押えていたのです。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

初回として貴史がしばらくして射精し、2人が体を除けて仰向けでげんなりしたけど、貴史はためらわず頑ななままの2人もベッドに引き込んだ。

 

 

高成が応戦もとめるまもなく貴史が里帆にキスしてしまうことをそっと見せられ、この横で智乃にキスされていた。

 

 

女性の唇のプリプリの感じにとろとろ~としたが、里帆が舌も注ぎ入れられ胸を揉まれているのに考えが意識を傾けてしまうのです。

 

 

4人ではあまりにもスペースがないシングルベッドからというものずり落ちた高成はそうしていくぶんクールになることができたが、一斉に落ちた智乃の生乳とちょろっとヘアーが伸びた股間に眼が引き寄せられた。

 

 

しかし耳は、里帆が手マンしておられるくちゅくちゅサウンドに注力していたのです。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

智乃とキスをし、胸を揉み、チンチンをタッチされても、肩越しに里帆がクンニやられていることが映ってそちらの方を見ずにはいることができない。

 

 

しかしこの度は智乃がフェラしはじめ、快感といやらしい表情に目線を引き戻す。

 

 

だけどもどうしても、「いたっ」といった里帆の声でうしろに考えがもぎとられ、ふたたびストップしたくてもストップしできないまま、あこがれの子の処女がすぐそばで強奪されることを瞬き1つしないで見続けたのでした。

無料お試しはこちらをクリック↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

とにかく見たく無い情景から眼が離せずに、貴史が射精したこととあわせて智乃の口の内に出した。

 

 

そこへ来て、貴史のお母さんが帰宅して、高成のみ童貞のまんまお開きになったのだが・・・